よくある質問

Q1 甲府工業高校定時制はどのような学校ですか。
山梨県で唯一の定時制の工業高校で,本科 と 専攻科建築科 があります。
 
全日制とは,別に募集をし,入学者選抜検査を行います。本科は中学校卒業者が入学できます。入学後に 機械 ・ 電気 ・ 建築 の3学科のいずれかに所属します。また,電気科では,電気科以外の別の高等学校卒業者が電気科の科目を専門に学ぶことができます。(電気科専科)
 
専攻科は、高等学校卒業以上の者が入学できます。2級建築士を目指し、建築関係の科目を専門に学ぶことができる、専攻科建築科があります。
※令和2年度より甲府工業高等学校専攻科創造工学科が開校されましたが,専攻科建築科はこれとは別に募集,入学者選抜検査を行い,学校生活も別となります。
 
 
Q2 卒業にかかる年数は何年ですか。
本科は4年、電気科専科は3年以上、専攻科建築科は2年です。
 
 
Q3 本科・電気科専科はどのような勉強をしますか。
本科は普通教科(国語・地歴公民・数学・理科・保健体育・美術・英語・家庭)と各科で次のような専門科目を学習します。
 
機械科
工業技術基礎 実習 製図 工業数理基礎 情報技術基礎 課題研究 機械工作 機械設計 自動車工学 生産システム技術
 
電気科(電気科専科は、この専門科目のみを学習します) 
工業技術基礎 実習 製図 工業数理基礎 情報技術基礎 課題研究 電気基礎 電気機器 電子回路 電力技術 電子情報技術
 
建築科
工業技術基礎 実習 製図 工業数理基礎 情報技術基礎 課題研究 建築構造 建築施工 建築構造設計 建築計画 建築法規
 
 
Q4 専攻科建築科はどのような学習をしますか。
建築に関する専門科目のみ、次の科目を学習します。
実習 製図 建築構造 建築施工 建築構造設計 建築計画 建築法規
 
 
Q5 どのような資格が取れますか。
工業に係わる資格は、国家資格・公的資格・その他たくさんあります。しかし、本校の各科を卒業しただけで取得できる資格はありません。
在学中に受験できる資格や、卒業して実務経験を積んでから受験資格が生まれる資格など様々です。
本校在学中に取得可能な資格をいくつか紹介します。
 
機械関係
○ガス溶接技能講習 ○アーク溶接技能講習
電気関係
○第1種電気工事士 ○第2種電気工事士
(第2種電気工事士については、卒業すると筆記試験免除)
主任技術者認定校
建築関係
○2級建築施工管理技術検定試験(4年次に学科のみ受験可能)
 
※これ以外にも本人の努力次第で受験可能な資格があります。
 
 
Q6 卒業後の進路を教えてください
令和元年度本科卒業生進路状況(本科生26名)
進学:日本工学院八王子専門学校1名,甲府工業高校専攻科建築科2名
就職:製造5名,建設7名,運輸1名,サービス4名,自衛隊1名,アルバイト5名
進学,就職内定率100%達成
 
平成30年度本科卒業生進路状況(本科生17名)
進学:大原スポーツ公務員専門学校1名
就職:製造9名,建設2名,販売小売2名,農林1名,運輸1名,サービス1名
進学,就職内定率100%達成
 
平成29年度本科卒業生進路状況(本科生16名)
進学:東京工科大学工学部1名
    山梨県美容専門学校1名
就職:製造10名,建設2名,サービス2名
進学,就職内定率100%達成
 
平成28年度本科卒業生進路状況(本科生14名)
進学:甲府工業高等学校定時制専攻科1名
就職:製造4名,技術2名,美容2名,飲食2名,運輸1名,検品事務1名,農業1名
 
平成27年度本科卒業生進路状況(本科生15名)
進学:自動車整備専門学校1名
就職:建設業5名,製造業3名,運輸業2名,技術サービス1名,宿泊業1名
 
平成26年度本科卒業生進路状況(本科生22名)
進学:甲府工業高等学校定時制専攻科1名、専門学校2名
就職:製造業3名、技術職6名、陸上自衛隊1名、建設業1名、その他8名
 
 
Q7 実務代替とは何ですか
各学科にそれぞれ関係のある仕事に年間を通じて従事していて勤務状態もよい場合、2~6単位を実務代替として認め、希望者には卒業年次の実習・製図の履修に替えることができます。
 
 
Q8 生徒の在籍を教えてください。
令和2年5月1日現在の人数は次の通り

本科(機械科・電気科(専科1名を含む)・建築科)
1年 男子 24人,  女子 0人,  計 24人
(ただし,1年は9月に選科をし学科を決定)
2年 男子 16人,  女子 3人,  計 19人
 機械科 男 7人, 女 2人
 電気科 男 5人, 女 0人
 建築科 男 4人, 女 1人
3年 男子 18人,  女子 2人,  計 20人
 機械科 男 6人, 女 1人
 電気科 男 7人, 女 1人
 建築科 男 5人, 女 0人
4年 男子 22人,  女子 0人,  計 22人
 機械科 男 9人, 女 0人
 電気科 男 8人, 女 0人
 建築科 男 5人, 女 0人
計  男子 80人,  女子 5人,  計 85人
 
専攻科建築科
1年 男子  5人,  女子 5人, 計 10人
2年 男子  5人,  女子 1人, 計  6人
計  男子 10人,  女子 6人, 計 16人
電気科専科は3年に1人所属
 
 
Q9 一日の授業はどのくらいの時間ですか。
一日の授業は4時限、1時限は45分間です。時刻表は次のとおりです。
 給 食   17:00~17:50 
 SHR   17:55~18:00 
 1校時   18:05~18:50 
 2校時   18:55~19:40 
 3校時   19:45~20:30 
 4校時   20:35~21:20 
 
 
Q10 食事はどのようにするのですか。
給食があります。17:00~17:50の間が給食時間です。
本校の給食室で調理されたものを、食べてから授業を受けます。
 
 
Q11 別の高校をやめて入りたいのですが、単位を認めてもらえますか。
他の高校1年生の途中でやめた場合
修得単位がないので,定時制募集検査または再募集検査を受検していただきます。
 
他の高校2年生以降にやめた・やめる場合
個々により状況が異なりますので,定時制カリキュラム部へお問い合わせください。
(転学,編入学では修得した単位を一部認めることができますが,いくつかの条件があります。)
 
 
Q12 費用はどのくらいかかりますか。
学費は前期,後期の2回に分割して納入します。(例年,新入生は入学式当日に100,000円の徴収となります。)
高等学校就学支援金制度により授業料(年額30,780円)は納付不要になる場合があります。(保護者の年収による) ただし申請手続きをしなければなりません。
また,今年度定職に就いているか,パートやアルバイトで90日以上の勤務する見込みがあるかなど認定された場合は,教科書代金(11,000円程度)は全額支給,給食費(47,000円)は一部補助されます。
 
 
Q13 奨学金はありますか。
いくつかの修学支援制度があります。
いずれも所定の学費を納入後,申請し,認定された後返金または支給となります。
①就学支援金
 国の授業料無償制度。所得制限があります。例年4月に申請を行います。
 専攻科は対象外
 
②教科書無償給与・給食費補助
 年間90日以上の勤務を必要とします。定時制通信制の制度です。
 専攻科は対象外
 
③入学料減免・諸会費減免
 条件があります。1年次生は入学時に案内があります。
 
④定時制通信制修学奨励金
 山梨県の貸付制度です。卒業すれば返還が免除されますが,アルバイト等に就いて働いてることなどいくつかの条件があります。例年5月頃に案内があります。
 
⑤就学給付金
 国の修学支援制度です。支給条件があります。例年7月頃に案内があります。
 専攻科は対象外
 
⑥専攻科の修学支援制度
 国の修学支援制度です。支給条件があります。例年7月頃に案内があります。
 
これら以外にも母子父子寡婦福祉資金(県保健福祉事務所)や生活福祉資金(県社会福祉協議会)等の貸付制度もあります。
 
 
Q14 通学の方法について教えてください。
自転車・原付きバイク・自動車による通学を認めております。(ただし,不正改造等を行っているものは認めません。)
16歳になったら原付運転免許証取得許可申請をして,許可を得てから免許証を取得してください。その際通学申請をして許可を得てから原付での通学が可能になります。
自動二輪の運転免許は許可していません。
また,普通自動車による通学は可能です。18歳になったら,原付と同様の手続きをとってください。
 
 
Q15 学校での頭髪や服装に決まりがありますか。
頭髪規定があります。髪の毛の加工禁止(パーマ,ワックス,2ブロック等),長さ(男子:前髪は眉にかからない,横髪は耳にかからない,後ろ髪は襟にかからない 女子:長さは肩まで,それ以上長い場合は束ねる),茶髪等一切禁止
その他,ピアスや化粧をすることは禁止されています。
服装は,私服での登校が可能です。高校生らしい地味で自然なものになるように留意してください。
 
 
Q16 学校行事はどのようなものがありますか。
全日制高校と同様に、学園祭・球技大会・修学旅行などの学校行事があります。
定時制独自の行事として、県定時制通信制体育大会・校内体験文発表会・定時制通信制高校教育祭などの学校行事もあります。
令和2年度の修学旅行は,3年次生が1月に2泊3日で沖縄(石垣島)に行く予定です。
(令和元年度は7月に北海道,平成30年度は10月に沖縄)
費用は,1年次より積み立て(10万円)をします。
 
 
Q17 部活動はありますか。
以下のクラブが活動しています。

体育局
軟式野球部
陸上部
バスケットボール部
バトミントン部
卓球部
サッカー部
バレーボール部

文化局
囲碁将棋部
情報技術部
写真部
 
 
令和元年度は,陸上部,サッカー部,卓球部,バドミントン,自転車(個人)が山梨県代表として、夏休みに開催された定時制通信制の全国大会に出場しました。
また,令和元年度はサッカー部は山梨県代表として11月開催された関東定時制通信制サッカー大会で「優勝」しました。
※令和2年度は新型コロナウイルス感染防止のため県大会及び全国大会は中止となりました。
 
<全国大会出場 (過去の状況)>
平成30年度 : 陸上部,サッカー部,卓球部,バドミントン部,自転車(個人)
平成29年度 : 陸上部,サッカー部,卓球部,柔道(個人)
平成28年度 : 陸上部、サッカー部、卓球部、柔道(個人)
平成27年度 : 陸上部、サッカー部、卓球部
平成26年度 : 陸上部、卓球部、ソフトテニス部
 
 
Q18 定時制のことについてより詳しくしりたいのですが。
電話でのお問い合わせは,14時以降に学校へ電話(055-252-4992)をしてください。また,メールでのお問い合わせは,teijisei@kofu-th.ed.jp へでお願いします。その際,お名前・所属・連絡先を明記してください。
 
 
Q19 学校の様子を見学したいのですが、どうすればいいですか。
見学等を希望される場合は,定時制カリキュラム部へお電話またはメールでお問い合わせください。
※令和2年度の学校説明会を11月19日(木)に,生徒・保護者・中学校教員を対象に実施します。例年9月下旬から10月頃にご案内します。